ロンドン駐在員の静かな生活

ロンドン駐在中の出来事、訪れた場所、感じたことの記録。

はじまりはロンドン駐在 - This blog has its roots in my secondment in London

背景

なんとなく、歳を重ねていると、日々の生活の中で感じることや、考えることが、どんどんぼやけてくるようになった。そのとき何を感じたか、何を思ったかを記録しておくのは大事だと思い始めた。何を感じたかは言葉にしてみないと明確にならないことも多いし、最近では旅行をしてみても、昔のように思い入れのある写真を撮ったり(今はスマホで何も考えずに量を撮るだけ)、日記をつけたりはしていなくて、自分の目を通して見えたことが、後から振り返ったときにすごくぼやけてしまっていることに気づいた。あのとき何を感じたのだろう?今の自分は過去の積み重ねの上に成り立っているのだろうか?咄嗟に誰かに何かの意見を求められても、即答できないことが増えたような気もする。そんなことを考えているうちに、ロンドン駐在も半年経った今、ブログに考えたことを記録しようと思い立った。

 

目的

自分が見たこと、感じたことを記録することで、自分のアイデンティティが少しクリアになればいいな、と思う。あと、仕事の英会話はまずまずなのだけれど、日常的に思うことや、マイナな生活用語がうまく表現できずに困ることがあるので、なるべく英語でも記事を考えられるようにしておきたいと思う。でも英語で書くのは大変そうだから、頭の中で確認。

 

目標

ブログのタイトルにある通り、ロンドン駐在のため、きっかけはロンドンに住むことになったことだけれど、背景や目的は、ロンドンだからどうという内容ではない。でもひとつのきっかけになったことは事実なので、ひとまずロンドン駐在が終わるまでは、できる限り続けられればと思う。気合いを入れすぎず、長続きするように。