ロンドン駐在員の静かな生活

ロンドン駐在中の出来事、訪れた場所、感じたことの記録。

Marlborough Head - ひとり飲みシリーズ - pub crawler the loner -

マルボロヘッド。ボンドストリートで、帰りがけに立ち寄る。

賑やかな通りから少し入ったところの立派な建物。

f:id:usingo:20180516033643j:image

内装は普通。スポーツテレビがついていて、The Railways にコンセプトが似ていると思ったら同じ系列のグリーンキング。

7時台でも人気のビールは売り切れ。

まあまあの混み具合。

ビールはHardys & Hansonというビール。いわゆるカスクエール。パブに着いてから、樽の中で発酵させたエールビールで、独特の味わいのはず。プロが飲み頃を判断してサーブするらしいが。。あまり管理がよろしくないのか少し臭くてぬるい。再訪はなし。

f:id:usingo:20180516034000j:image

f:id:usingo:20180516035257j:image

店員の態度がびっくりするくらい悪い。

コッドアンドチップスをオーダー。

f:id:usingo:20180516035017j:image

食べたらさっさと帰ろう。

 

 

 

 

Punch Tavern - ひとり飲みシリーズ - pub crawler the loner

今週からロンドンの気温はぐっと上がって暖かく過ごしやすくなって、パブの外で人だかりが見られるようになった(天気が良いと気持ちが良いので皆、パブのビールを外に持ち出して路上で飲む。ちょうどサマータイムも始まって、4月は8時頃までは明るい)。

 

セントポール寺院の近くにある、Punch Tavernへ。どうしてもフィッシュアンドチップスが無性に食べたくなって、居心地良さそうで、やる人が少なそうな場所をチョイス。

どこかの系列店ではなさそうだ。

f:id:usingo:20180419060627j:image

f:id:usingo:20180419060631j:image

内装も綺麗。

f:id:usingo:20180419060657j:image

9時過ぎに入店。程よく混んでいて、程よく空いている。ひとりの人も結構いる。居心地良さそう。

f:id:usingo:20180419060422j:image

f:id:usingo:20180419060429j:image

今日のビール(聞いたけどよく聞き取れなかった)をオーダー。エールビールが出て来たが、よく冷えてて、泡立ちも良く、管理が行き届いているようだ。

f:id:usingo:20180419060347j:image

店員の女性はあまり愛想が良くないけど、淡々としていて、よく働いているし、感じは悪くはない。

ソファ席の居心地も良い。なんて思いながらビールを飲んでいると特大フィッシュアンドチップスが!

f:id:usingo:20180419060340j:image

タルタルソースとレモンのお上品パターン。

美味しい。でも、Cod(タラ)のフィッシュアンドチップスを期待してたから少し残念。明日バロウマーケットのフィッシュアンドチップスに行ってしまうかも。。

太麺の醤油ラーメンを期待して新しい店に行ったら細麺のとんこつラーメンが出てきて不完全燃焼、みたいな。。

最後にお店の人に食べた魚を聞いたところHaddock (コダラ)とのこと。身が柔らかくて上品な味わい。肉厚なものを食べたい時は、少し違うかな。でも衣サクサクで美味しかった。

おごちそうさまでした。

 

 

The Havelock Tavern - ひとり飲みシリーズ - the pub crawler the loner

春、ようやく長い冬が終わってビールが美味しくなってきたた。

 

ロンドンに来て初めてのガストロパブへ。

ガストロパブは、料理もレストランのようにこだわったパブで、ファミリー層もターゲットにした食事も楽しめるパブ。

 

The Havelock Tavernは、最近、と言っても90年代にできたパブ。青いタイルの外観が印象的。

f:id:usingo:20180412055833j:image

入り口には、ミシュラン(星ではない)を始めとする数々の受賞暦が。

f:id:usingo:20180412060036j:image

ビールにもこだわっている。

店内は割と広い。

そして、日曜の夕食時間、そこまで混雑もない。

エールとペンネで乾杯。

f:id:usingo:20180412060200j:image

f:id:usingo:20180412060223j:image

他のメニューも試してみたい。

f:id:usingo:20180412060245j:image

ひとりでパブ、なかなか勇気がいるけど、ここの店員さんはみんなかなり気遣いがすごくて、優しかった。

Merchants Arch - ひとり飲みシリーズ - pub crawler the loner

アイルランドはダブリンの、Merchants Arch。ダブリンにはリフィー川(River Liffey)という、ロンドンのテムズ川のように南北を隔てる川が流れている。と言ってもテムズ川ほど大きくない。その川沿いには、いくつもの店が並ぶが、とりわけTemple Bar(バーの名前ではなく地名)近辺には数件のパブも並んでいる。その中でとりわけ目立つのが、このMarchants Arch。なんだか入りにくそうな入り口だが、中はいたって普通のパブ。

f:id:usingo:20180414235233j:image

f:id:usingo:20180414235412j:image

実は先ほどのThe Temple Barの帰りにふらっと寄ったものの、バーカウンターが混みすぎていてビールを断念。

雰囲気だけをなんとなく楽しむのみとなってしまう。。

f:id:usingo:20180414235612j:image

f:id:usingo:20180414235623j:image

それでも、音楽は楽しいし、満足な時間を過ごすことができた。

 

 

 

 

The Temple Bar - ひとり飲みシリーズ - the pub crawler the loner

ひとり飲みシリーズ、ついにロンドンを離れてアイルランドはダブリンまで。

Temple Barという通り(地域?)に、The Temple Barという同名のパブがある。地元でも伝説的な、超有名パブのようだ。

f:id:usingo:20180412165103j:image

f:id:usingo:20180414203011j:image

 

日曜日の夜、かなりの盛り上がり。アイリッシュパブでは、夜な夜なバンドの生演奏が楽しめる。どのパブもかなりのハイクオリティ。お酒は飲まずとも、ふらっと入って一曲聴いてはまた次のパブへ、なんていう楽しみ方も試しつつ。とにかくこのThe Temple Barの盛り上がりはすごかった。基本的に演者はみんなの知ってる曲をやるので、店内は大合唱。

f:id:usingo:20180412165114j:image

 

f:id:usingo:20180414203031j:image

f:id:usingo:20180414203143j:image

f:id:usingo:20180414203219j:image

アイルランドの有名ビール、SMITHWICKSをオーダー。ほのかな甘みが鼻に抜けて、木造のパブの壁の匂いと混じる度に、ここはダブリンだと思い出される。

f:id:usingo:20180413033842j:image

f:id:usingo:20180414202646j:image

噂に違わぬ素晴らしい場所だった。

 

旅 - マヨルカの安息 - Majorca the Haven

スペインの楽園、マヨルカ島パルマへ。

ビーチリゾートだけど、年末の滞在先として、チョイス。

ヨーロッパにしては気温が高めで、日本の春先くらいの感じがした。

f:id:usingo:20180417070051j:image

さすがに泳げるほど加温は高くないものの、ビーチには日向ぼっこしている人や、波打ち際で水遊びする子供の姿も。

f:id:usingo:20180417065949j:image

f:id:usingo:20180417065830j:image

海岸沿いにはサイクリングロードが走っていて、家族向けに子供用の椅子がつけられる自転車の貸出所も所々にある。

 

天気は年中晴れているようで、それは気持ちのいい青空。家族で海岸沿いをサイクリングしながら、サイクリングロードの端にあるパエリアが美味しいと評判のレストランを目指す。

f:id:usingo:20180417070131j:image

観光地でありながら、喧騒とは程遠い落ち着きがあり、街が深呼吸をしているかのような安息を感じられる。

街の真ん中には聖堂があり、慎ましくも堂々たるガウディ作の天蓋が、訪れる人に雄大で静かな感動を与えてくれる。

f:id:usingo:20180417070617j:image

f:id:usingo:20180417070420j:image

何度でも訪れたくなる街、マヨルカ

ロンドンに住んでいると、きっと将来帰国したらヨーロッパに旅行したいとは思わなくなるだろうと思っていたけれど、マヨルカは、帰って来たくなる街。きっといつ帰って来ても、乱れることのない街の呼吸で迎え入れてくれる。 

f:id:usingo:20180417070527j:image

 

 

旅 - ミュンヘンの殷賑 - Gaiety of Munich

3泊4日のミュンヘン、クリスマスマーケット観光。

15年前くらいにフランクフルトに一度訪れた以来のドイツ。

駅中で食べたフランクフルトソーセージは格別に美味しかった。

ひとり旅だった。

格別に美味しかったソーセージ。

あの味を超えるソーセージには出会ったことがなかったから、今回も相当楽しみにして行ったけど、やっぱり美味しかった。

ミュンヘンは茹でた白ソーセージが名物だけど、赤い焼きソーセージがやっぱり美味しかった。ケチャップの上にカレーパウダーを掛けて食べたのがたまらなく美味しかった。

 f:id:usingo:20171223081956j:image

ニュンベルクのマーケット、ノイシュバンシュタイン城、ショートトリップで訪れた街もまた素晴らしかった。

f:id:usingo:20171223082033j:image

 f:id:usingo:20171223082228j:image

雪に映えるノイシュバンシュタイン城。あまりこういう建築物の中を見るのは好きではないのだけれど、この城は違った。新しい物好きの王様が、型破りな内装を作ったということで、なるほど今まで見てきたヨーロッパの王族の宮殿などとは、ひと味もふた味も違っていて美しかった。

f:id:usingo:20171223082827j:image

廊下の窓の外の景色もさる事ながら、特に廊下から部屋越しに見える奥の窓の景色が、まるで立体の絵画のような眺めで、厳しい冬の中、暖かで幸せな夜を過ごす人々の一場面を思い起こさせた。

 

冬のドイツはロンドンに比べると遥かに寒くて、ロンドンに帰った時には、あれほど寒く感じていた気温が、暖かく感じた。

そんな寒さの中にも、クリスマスマーケットの華やかな彩りと人々の賑わいは、どこか暖かな空気を感じさせた。

生真面目な性格だと言われるドイツ人。

来年はドイツ人と同じプロジェクトで仕事をすることになりそうだ。

丁寧に作り込まれたマーケットの細工品たち。

喧騒の中、ホットワインを片手に肩を丸めながら行き交う人たちの目には、その印象だけが残っていて、ディテイルには気づくことがないかも知れない。それでもその素敵な印象は、きっと生真面目なドイツ人が創り出すディテイルのこだわりに支えられているのだろうと思う。