ロンドン駐在員の静かな生活

ロンドン駐在中の出来事、訪れた場所、感じたことの記録。

旅 - ミュンヘンの殷賑 - Gaiety of Munich

3泊4日のミュンヘン、クリスマスマーケット観光。

15年前くらいにフランクフルトに一度訪れた以来のドイツ。

駅中で食べたフランクフルトソーセージは格別に美味しかった。

ひとり旅だった。

格別に美味しかったソーセージ。

あの味を超えるソーセージには出会ったことがなかったから、今回も相当楽しみにして行ったけど、やっぱり美味しかった。

ミュンヘンは茹でた白ソーセージが名物だけど、赤い焼きソーセージがやっぱり美味しかった。ケチャップの上にカレーパウダーを掛けて食べたのがたまらなく美味しかった。

 f:id:usingo:20171223081956j:image

ニュンベルクのマーケット、ノイシュバンシュタイン城、ショートトリップで訪れた街もまた素晴らしかった。

f:id:usingo:20171223082033j:image

 f:id:usingo:20171223082228j:image

雪に映えるノイシュバンシュタイン城。あまりこういう建築物の中を見るのは好きではないのだけれど、この城は違った。新しい物好きの王様が、型破りな内装を作ったということで、なるほど今まで見てきたヨーロッパの王族の宮殿などとは、ひと味もふた味も違っていて美しかった。

f:id:usingo:20171223082827j:image

廊下の窓の外の景色もさる事ながら、特に廊下から部屋越しに見える奥の窓の景色が、まるで立体の絵画のような眺めで、厳しい冬の中、暖かで幸せな夜を過ごす人々の一場面を思い起こさせた。

 

冬のドイツはロンドンに比べると遥かに寒くて、ロンドンに帰った時には、あれほど寒く感じていた気温が、暖かく感じた。

そんな寒さの中にも、クリスマスマーケットの華やかな彩りと人々の賑わいは、どこか暖かな空気を感じさせた。

生真面目な性格だと言われるドイツ人。

来年はドイツ人と同じプロジェクトで仕事をすることになりそうだ。

丁寧に作り込まれたマーケットの細工品たち。

喧騒の中、ホットワインを片手に肩を丸めながら行き交う人たちの目には、その印象だけが残っていて、ディテイルには気づくことがないかも知れない。それでもその素敵な印象は、きっと生真面目なドイツ人が創り出すディテイルのこだわりに支えられているのだろうと思う。

 

The Nicholas Culpeper - ひとり飲みシリーズ - pub crawler the loner

ロンドン ガトウィック(Gatwick)空港にて。北ターミナルの入口で食事。

夜、出発なので、夕方早めに到着。

f:id:usingo:20171119033220j:image

f:id:usingo:20171119033222j:image

ドバイへの出張。ロンドンに来てから初めての海外出張。土曜日にロンドンを発って翌日日曜日に着く。

空港のパブ、というか、空港館内のオープンカフェ的な感じなので、パブと言えるのかは分からないが、ビールは普通のラインナップ。

チーズバーガーを注文。こういう場所のビーフパテは臭い可能性がある。臭いと言っても臭くないけど、イギリスの牛肉独特のにおいがする肉の可能性大。良いバーガー専門ショップでは大丈夫なのだが、どうでしょう。

f:id:usingo:20171119033352j:image

 見た目はオッケー。問題なし。

ビールはフツウ。

f:id:usingo:20171119033836j:image

食べてみると...ガーン、臭い方の肉でした。

隣に座っている老夫婦が軽く引くぐらいたっぷりのブラックペッパーをかけてごまかす、の巻。

ビールは古い。臭みがあるし、泡立ちが悪い。

もう来ないでしょう。 ラウンジで気を取り直すしかない。

 

No.1ラウンジかなりイケてる。。

f:id:usingo:20171119041813j:image

f:id:usingo:20171119042823j:image

 

 

The Railways - ひとり飲みシリーズ - the pub-crawler the loner

何件もパブを回って、日本にいれば飲まないであろういろんなビールを試したけど、やはりここのRailways Aleは格別に美味しい。

f:id:usingo:20170916041642j:image

他では飲めない味だと思う(まだ全く知り尽くした訳ではないけど)。

ほのかに香る甘みが、ビールの旨みを引き立てている。おつまみとかなしで、全く平気。

 

最近、ビールのカロリーが1パイント辺り250kcalだというネット記事を見て、かなりショック。イギリス人の9割はこの事実を知らないという(ほんとか?)。

 

おつまみなしで飲んで大丈夫になったのはイギリスに来てからの変化。

最初は飲みに誘われて、何も食べずに飲むだけ飲んで、家でディナーみたいな習慣に驚愕したけど、でも今は理解できる。

食事と一緒だとビールの味がよく分からなくなる。ビールを食事のように楽しむ。これ、重要。でも健康にも気をつけないと。

 

とか言いながら、初のカラマリ注文。3つだけかよ!でもそこそこ大きくて美味しいので、まあいっか。

f:id:usingo:20170916041636j:image

タルタルソースの器が小さくてつけづらいけど、これはナイフで切りながら食べることを想定しているのだろう、きっと。ジェントルマンは面倒くさい。

 

Sir Christopher Harron - ひとり飲みシリーズ - pub-crawler the loner

早速の再訪。

フィッシュ&チップスが食べたくなり、まだ試したことのないNicolson's系列のパブへ。

何となく同じ席が空いていたので、前回と同じ場所に。今日は気温が一気に下がって肌寒かったせいか、外には疎らにしか人がいない。

前に人だかりが出来ていたのは金曜日だからか、暖かかったからか、歓迎会か何かの特別な人たちだったのか。

 

今日はNicolson's Pale Aleを注文。

程よく冷えていて、淡白な味。少し水っぽい気もするけど、でも好きな部類のビール。

f:id:usingo:20170831043238j:image

Nicolson's Fish & Chipsを注文。

サイズはNormalかLargeかと聞かれ、ついいつもの癖でLargeに。

ひとりで食べるのに、とんでもなくでかいのが出てきたら少し恥ずかしい。ドキドキ。魚がでかいのか、ポテトがでかいのか、それも不明。魚であることを祈る。。

f:id:usingo:20170831044146j:image

ドーーン。まさかのダブル!

だって貴方が聞いたから。。

でも、ポテト増量でなくて良かった。

そして、ここのフィッシュ&チップス、美味しい。衣が薄くて軽くて、ちょっと上等な天ぷらを食べている気分(誉めすぎ!)。

タルタルソースも独特な旨味があって、淡白なビールとよく合う!

やるな、Nicolson'sと思った再訪でした。

f:id:usingo:20170831044910j:image

 

 

Ye Olde Cheshire Cheese - ひとり飲みシリーズ - pub crawler the loner

パブクローラーたるもの、2件目に行かずして何たるや。

評判の高い、Ye Olde Cheshire Cheeseへ。

f:id:usingo:20170826043529j:image

隠れ家的な、細い通路から入っていく。

薄暗いカウンターには、一押し的な感じで同じ銘柄のビールサーバーが3つ。BitterというCaskビール。香り高いが、すっきりと軽くて透明感のある味。

f:id:usingo:20170828163538j:image

廊下には昔の写真や記事が飾られている。

f:id:usingo:20170828163814j:image

営業許可書なども飾ってある。普段じっくり見ないから、興味深い。かなり古い文書のようだ。

f:id:usingo:20170828175048j:image

f:id:usingo:20170828175102j:image

f:id:usingo:20170828175202j:image

建物はGrade llにリストされていて、歴史の重みを感じさせる。暗い廊下のベンチでひとりで座っていると、古い時代にタイムスリップしてきたかのような心地よい気持ちになる。

CAMRAの歴史的なインテリアのパブInventry of histrionic pub interior に選ばれている。

 

 

Sir Christopher Harron - ひとり飲みシリーズ - pub-crawler the loner

歩いていると、賑やかな声が聞こえたので、近寄って見るとパブが。

f:id:usingo:20170826030839j:image

Nicolson's系列のパブで、名前の由来になっているSir Christopher というのは、エリザベスエリザベス1世の愛人との噂があったことで有名とのこと。そのSir Christopher がジュエリーの取引をしていた跡地のパブ。

f:id:usingo:20170826033626j:image

入口の前には人が溢れかえっている。で、中に入ってみてびっくり。

ガラガラ。。←ドアを開ける音ではなく、人がいないということ。

f:id:usingo:20170826033946j:image

そう思っていると、7時を過ぎた辺りから、徐々に人が入り始める。

f:id:usingo:20170826034055j:image

でも中は心地よく空いていて嬉しい。

取り敢えず、Mortimers Orhardというサイダーを注文。とても冷えていて、喉の乾きが潤って美味しい。

f:id:usingo:20170826035627j:image

ビールの種類も豊富。

f:id:usingo:20170826035847j:image

料理も美味しそうだし、居心地もいいし、また再訪してみたい。

f:id:usingo:20170826035914j:image

f:id:usingo:20170826035628j:image

f:id:usingo:20170826035846j:image

f:id:usingo:20170826035913j:image

f:id:usingo:20170826040010j:image

街 - Whistable - ウィスタブルのオイスター

イギリスでオイスター、生牡蠣をたらふく食べたくなったら、迷わずWhistableへ。

ヴィクトリア駅から1時間半程度(電車代は£23.10, 2017/08現在)。毎年7月にはオイスターフェスティバルが開催される港町。 

まずはWhistable Fish Marketへ。

f:id:usingo:20170820055550j:image

f:id:usingo:20170820055609j:image

フィッシュ&チップスが人気。小魚のフライやエビフライも美味しい。そして安い。今日は程よく晴れていて、暑くもなく寒くもなく快適だった。

f:id:usingo:20170820054241j:image

マーケットのオイスターはひとつ£1。ロンドンのバローマーケットのオイスターより安い。

f:id:usingo:20170820054250j:image

 

お土産屋が沢山並んでいて、リゾート地に来たような気持ちになる、可愛らしい街並み。

f:id:usingo:20170820054459j:image

f:id:usingo:20170820054530j:image

 

潮風に吹かれながら、イギリスで美味しいシーフードを楽しむなら、Whistable。

f:id:usingo:20170820054651j:image

f:id:usingo:20170820055731j:image

f:id:usingo:20170820055751j:image

 

街中にCAMRAのPub Of The Year 2015に選ばれたパブを発見!家族づれのため入れず。。でもいつか再訪したい街。

f:id:usingo:20170820060138j:image

f:id:usingo:20170820055946j:image